ゾンタクラブ(国際ゾンタ)は、働く女性たちによる世界的な奉仕団体です
 ゾンタクラブ=国際ゾンタ(Zonta International)は、女性の地位向上と社会奉仕を目的とした、企業の管理職や専門職の指導的立場にいる人が共に活動する世界的な奉仕団体です。 

 国際ゾンタは1919年11月8日、米国ニューヨーク州バッファロー市で職業をもつ婦人達のグループにより発足、1930年に法人となりシカゴ市に本部を設置、1987年には国際ゾンタの奉仕事業の目的を遂行する非営利組織の国際ゾンタ財団が設立されました。

 「ゾンタ」とはアメリカ先住民の言葉で、「誠実、信頼」を意味します。
 現在、68ケ国に1200以上のクラブ33,000名の会員がいます。会員の職業は100余種に分類され、クラブ入会は一業種数名を原則とし、国際ロータリーに匹敵するものです。 国際ゾンタは設立以来、おおよそ70万人の女性を支援し、また教育の場を与える奉仕活動を続けています。
   女性の地位向上を目的とし、女性科学者や発展途上国の子供や女性などを支援しています
 アメリア・イアハート奨学金プログラムは1938年以来、継続して航空宇宙科学分野で研究する女子学生に奨学金を授与しており、私どもが誇りとする奉仕事業です。今日までに51ケ国延ベ900人の女性科学者を支援し、日本から選ばれた2人目の宇宙飛行士・角野直子さんも受賞者の一人です。

 若い女性のための社会奉仕賞、女性事業家育成の奨学金プログラムをはじめ、国際ゾンタのプロジェクトではUNICEFへの協力や、子供と女性への暴力の防止、バイオレンスについての認識や教育に関連するプログラムに取り組んでいます。

 85年の歴史をもつ国際ゾンタは、その時代のニーズに対応して、女性の地位向上を目的とした奉仕プロジェクトを施行し、また一方、国連の諮問機関として協力しながら、発展途上国の子供や女性のための教育並びに支援活動を継続しています。
   国際ゾンタの信条
1.”ゾンタ”の理念に賛成し、実行することを誓うこと。
2.自己の仕事に誇りを持ち、それを奉仕の機会と確信すること。
3.常に自己の向上に努め、奉仕の分野を広げる。
4.女性の法律的、政治的、経済的、教育的、健康的、そして職業的地位の向上・改善のための研究、活動に進んで貢献すること。
5. ”ゾンタ”の奉仕の理念によって団結した事業の管理職及び専門 職の人々の世界的な交友を通じて、理解と親善、そして平和を 推進するために努力すること。
(写真は国際ゾンタHPより)